ジニアス記憶術は右脳イメージを鍛える評判の記憶法。任天堂DSで有名な川村明宏博士が開発したジニアス記憶術の効果感想。受験・右脳教育・国家試験暗記対策に

脳の鍛え方

脳を鍛える習慣を日常生活に取り入れるには

 ジニアス記憶術で右脳のイメージ力を高めるのはいいのですが、
お金をかけなくても、日常生活に物忘れしにくくなるといった
脳を鍛える習慣を取り入れるコツをまとめてみました。

新しい発見や刺激のある知的な生活を目指す

 日々の生活の中で脳に刺激を与えること。
脳を活性化し続けるには、それが大切なことです。
 具体的に言うなら、毎朝新聞を読む、雑誌や小説を読むなどなど。
そういった新しい情報源に触れることで脳は生き生きとしてきます。
また人と会って話をするのもgood。特に初対面の人と話すことは
脳にとって一番の刺激になるのです。

何かを作り出す、想像する

脳への刺激は、情報を取り込むことだけでなく、
自ら何かを表すこと、つまり表現することも効果的。
例を挙げるなら、

  • 絵を描いて展覧会に出品してみる
  • SNSやブログといった情報を発信する

そんな趣味の活動を、趣味の枠を越えて、精力的に取り組んだりすること。
そういったメリハリのある生活を意識することで
脳だけに限らず、精神的にも良い効果を生み出すことでしょう。

ウォーキングやサイクリングといった適度な運動

ランニング

適度なエクササイズは、生活習慣病予防にも良い効果があるので
健全な身体を維持するためにも、早くから取り組むのがおすすめ。
なんといっても「健全な精神は、健全な肉体に宿る」の言葉通り
健全な脳の刺激には、健全な肉体が必要なのです。

生活習慣病(成人病)を防ぐこと

脳の活性化をいくら目指したところで、

身体が健康でなければ何の意味もありません。
まずは健康第一。高血圧、高コレステロール、糖尿病といった
生活習慣病を予防してこそ、脳活性化の第一歩だと思って下さい。
もちろん
「煙草は吸わない」、「カロリー摂取量を考える」といった
体のためにいいこと脳にとっていいこと
この図式を考えることが大事です。


日常的な脳の鍛え方に加えて
ジニアス記憶術で右脳イメージ力を加速!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ジニアス記憶術の公式サイトはボタンをクリック!

powered by QHM 6.0.3 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional