ジニアス記憶術は右脳イメージを鍛える評判の記憶法。任天堂DSで有名な川村明宏博士が開発したジニアス記憶術の効果感想。受験・右脳教育・国家試験暗記対策に

右脳のはたらき

ジニアス記憶術について詳しく見る

右脳の働きとは?

右脳はイメージ・芸術・感性の脳

右脳の働きとして一般的に言われているのは、
五感で感じた感覚や見たまま感じたままのイメージを直感的かつ総合的に認識して、判断。
そうした働きから、右脳は、音楽、空間、芸術、直感、感性、感情をつかさどるものとして、
イメージの脳芸術の脳とも呼ばれます。

つまり直感ひらめきといった、芸術性や創造性が生かされる活動を実現してくれるのが
右脳なんです。

右脳はイメージ記憶容量も大きい

印象が鮮烈で、しかもインパクトがあるほど
見たり、聴いたり、体験したりすることを、
右脳はイメージ記憶として長い間、潜在意識に保存していきます。

わかった

しかも左脳と比較して記憶容量の大きい右脳は
バリエーション豊かな情報を、大量にデータ記憶できるのです。

そうして保存した記憶データは、意識せずとも、必要な時に、瞬間的によみがえらすことがあります。

「ひらめいた!」とか、「ピンときた!」と一般的にいわれる
直感力がそれなんです。

ひらめきで代表される右脳の直感力を生かすなら
ジニアス記憶術のイメージ記憶法をお試し下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ジニアス記憶術の公式サイトはボタンをクリック!

powered by QHM 6.0.3 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional