ジニアス記憶術は右脳イメージを鍛える評判の記憶法。任天堂DSで有名な川村明宏博士が開発したジニアス記憶術の効果感想。受験・右脳教育・国家試験暗記対策に

ジニアス記憶術が向いてないのはこんな人

こんな人はジニアス記憶術で効果を実感できない?

ジニアス記憶術の効果を実感しやすい方(むいている人)については
他のページで触れたので、今回は逆に向いていない人を調べてみました。

個人的な意見になりますが、カンタンにまとめてみますね。

こんな人はむいてない)すなおに実践しない

様々なノウハウや教材でも言えることですが
その方法を体系化した作者は、一番効果的なやり方を提唱しています。
実践者は、その一番効果的なやり方を素直に試すべきです。
そこで自分勝手な解釈や経験から、自分でアレンジしてはいけません。
そしてもっとも残念なのは、どうせ効果無いだろうと
はじめから実践しないケースです。

やっぱり一番大切なのは素直に実践を続けること。

スナオに続けられない方は、ジニアス記憶術だけじゃなく
なんでも目標を達成しにくいといえるでしょう。

こんな人はむいてない)ゲームが好きじゃない

ジニアス記憶術のトレーニングは
基本的に単純なゲームを行うことです。

1日数分のカンタンなゲームをすることで
脳を活性化させるシステムになっています。

でも、元々ゲームが嫌いだったり、一度もゲームをしたことがなくて
ゲームで勉強の成果があがるわけない
はじめから思い込んでいる方は、ジニアス記憶術をしない方がいいでしょう。

こんな人はむいてない)すぐに飽きてやめてしまう

ジニアス記憶術は、幼稚園児でもできるようなゲームをすることがトレーニングになっています。
しかし、カンタンでも続けることはある程度の根気がいります。

効果を実感する期間は、人によって違いがありますが、
どんなことをするのにも一定期間の継続は必要です。

1週間や10日やって、「効果がわからない」と
すぐに飽きてやめてしまうような人は向いていません。

もちろん、試験1週間前にわらにもすがる想いで
ジニアス記憶術を入手しても効果はありません。

こんな人はむいてない)ジニアス記憶術だけしかしない

ジニアス記憶術はそれだけで試験に合格する万能教材ではありません。

簡単なゲームなどで脳の働きを活性化させて記憶力の向上を目指す。
それがジニアス記憶術です。

高校受験や国家資格のための勉強は、(当たり前ですが)
ジニアス記憶術と平行して、これまで通り継続しなければいけません。
勉強も記憶術も継続が大切
この記憶術は、
あくまでも学習を効果的に進めるための補足、サポート
であると認識して下さい。

>> ジニアス記憶術で勉強を効果的に進める

powered by QHM 6.0.3 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional