ジニアス記憶術は右脳イメージを鍛える評判の記憶法。任天堂DSで有名な川村明宏博士が開発したジニアス記憶術の効果感想。受験・右脳教育・国家試験暗記対策に

ジニアス記憶術 右脳の活性化

ジニアス記憶術 右脳の活性化

ジニアス記憶術の公式サイトはボタンをクリック!

右脳の働き

現代でわかっている右脳の主な働きといえば、

[check]長期記憶
[check]インスピレーション
[check]直感
[check]想像する力
[check]イメージ記憶
[check]瞬間記憶、
[check]創造力
[check]ひらめき、
[check]芸術脳
[check]潜在意識

などが挙げられるようです。

そこで
ジニアス記憶術はこの右脳の力に着目し、
右脳の働きを活性化

それに伴って、
今までの常識以上の記憶能力を
覚醒させて活用しようとする仕組みです。

ジニアス記憶術が提唱する内容を
繰り返し実践することで、

左脳が2倍右脳が20倍も活性化するといわれています。

1日に5分程度の脳活性の
トレーニングを実施することで、

我々が一生分の時間をかけても
使うことがなかった左脳および右脳の能力を、

個人が秘めたMAXの能力として
普段の生活に生かすことができるようです。

ジニアス記憶術の右脳の利用法

ジニアス記憶術は、
通常の生活において文字の読み書きによるところの記憶力を

「視覚」や「イメージ記憶」という能力に置き換えることで、

今までの何倍もの記憶量
長期に渡る記憶を得ることを可能にしたというのです。

またそれだけでなく
視覚やイメージ記憶を使うことによって、
記憶するスピードまでも格段に上げることができます。

これは、
経験したことがない方には信じられないかもしれませんが、
右脳が持つ記憶能力は、学術的にも証明されていることなのです。

ジニアス記憶術は
この右脳を活性させるトレーニングのひとつです。

この右脳活性化によって集中力が高まって、
脳細胞を顕在意識が刺激していき、
自律神経(すなわち潜在意識)にまで伝えるのです。

ジニアス記憶術申し込み

顕在意識と潜在意識

顕在意識は、いわば、自分が認識している意識のことで、

潜在意識は、自覚することもなく
もともと人間が生来持っている
心の奥深い層にひそんでいる意識のことになります。

この潜在意識下に眠っている能力を高める事によって、

これまで使用していなかった脳の各部分が活性化して、
勉強や仕事の効率を向上させたり、
記憶力を上昇させることができるのです。

だから
ジニアス記憶術でおこなう右脳活性のためのトレーニングは
潜在能力を上昇させる、つまり「脳力」の向上となり、
「記憶する能力」を向上させることが出来るのです。

川村明宏のジニアス記憶術の公式サイトで確認

ジニアス記憶術の公式サイトはボタンをクリック!

powered by QHM 6.0.3 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional